ゲーム万場 
[2014/12/31]
もう大晦日。
なんか今年はほとんど更新しませんでしたよ。
いや、ゲームはやってるので、単純に更新を怠っているだけなんですけどね。
今年もとにかくモンハンでしたね。4をクリアしたにも関わらず、引き継ぎなしで4G。そして延々とモンハン。
合間に新世界樹2とかラジアントヒストリアやってますけど、まだどちらもクリアできていませんし。
来年はもうちょっと更新頻度を上げたいのですが。
New3DSLLを購入したのも個人的には大きい出来事。今まではハードのマイナーチェンジ版って買ってきませんでしたからね。立体視の魅力には抗えませんでした。
こんな調子で来年はどうなることか。

では、よいお年を ノシ

[2014/12/14]
モンハン4Gと新世界樹2でいっぱいいっぱいの年末です。
モンハンは一昨日やっとこさウカムルバスを倒し、遂にG級の仲間入りです!ダラ、ウカムともにソロで倒せたので、感慨もひとしおですね。このままスラッシュアックスでできるところまで進んでみたい。
ひとまずランポスX装備を基礎にして、下記装備を生産。

ランポスX、ランポスS、レックスS、ランポスX、ランポスX、護石(回避性能+6、スロット3)
匠、攻撃力up中、千里眼、気絶無効、回避性能+1

しばらくこいつを強化、部分入れ替えをして運用ですね。

新世界樹2はB2に進んだところ。2層ではないです。はい、ぜんぜん遅いです。
今作ストーリーモードの女の子キャラはテンプレすぎて若干距離を感じますよ。
ヒロインは典型的な世間知らずで天真爛漫なお嬢様、そして無口で大食漢で眼鏡で知的で紫髪な長門ゆき的魔法少女。
反面男性キャラは好感のもてるキャラが二人、やや頼りなさそうなつっこみ役の相棒と、軽い態度でぶっきらぼうながらも年の功で頼れるパラデイン。
主人公は過去に謎が多く、さらには自覚していなかった変身能力を持った、いかにも主人公的設定の青年。
これらが合わない人は素直にクラシックモードを楽しむのもありかと。

今年は後は、WiiUを買うか否か。これから遊びたいソフトがどんどん出るのでそろそろかなと。
スターフォックスの新作も作られてそうな噂もありますしね。

[2014/11/21]
更新を怠って早一か月。もちろんモンハン三昧だったわけで。
先日、記念すべきセルレギオスの初クエストをクリア!
最初はスピードにびびったものの、乗りと罠と閃光玉で大人しくさせれば、もう後はザックザクとスラッシュアックス剣モードをフル回転!
ただ、ランポスS一式 尖鎧玉強化 防御力260では一撃一撃が痛い。
ということで、村クエを急ぎ9まで進め、イャンガルルガの防具を製作。
戦闘意欲満点なガルルガさんを何羽も相手取り、ようやく一式を製作、そして気付く、パンツが紫!
これは、もうちょっと、堪能できる装備にしたい、男ならだれもが思いを馳せるエロ装備。
邪魔なのが腰防具。
こいつを別の防具に換装すれば、鮮やかなインナーが待っている。
候補は胴系統倍化のカブラスーツSベルト。
さっそく作って装備!、、、これは、ベルトしかしてないので丸見えじゃないですか、これはいけませんね。
これでオンラインプレイする度胸はないです。
こう、チラリズムを刺激する程度が良いのです。
そして目を付けたのが、ガルルガSシリーズとスキル構成が近いリオソウルシリーズ。
そしてリオソウルの腰防具が絶妙な短さ!
しかも色が似ているので違和感も少ない。
素材もあったのでサクッと作ってみると、これがピタッとはまった!
まれに見える紫色、良い感じだ。


[2014/10/25]
ドンドルマに進出&上位に上がった!
まずは、上位用防具を一つ揃えないと話にならない。武器もそろそろ次の段階へ移りたいし。

[2014/10/19]
装備をランポス一式+千里眼珠にジャンプアップ!防御力は6から60と、一気に10倍に!スキルは自動マーキング、攻撃小、気絶半減。
いやこれ、自動マーキングって超便利!探さなくて良いって素晴らしい!結果的に時間も短縮されるから、ほんとこれは超便利スキル!
ストーリーはバルバレで船を作り、次の目的地に出発。
船旅の途中、船上でゴアマガラとの戦闘が発生するも、龍撃槍の前に陣取るゴアマガラに笑った。打ち合わせ済みなのかこいつら。
案外苦戦しつつも撃退し、チコの村に到着。

[2014/10/12]
けっきょく、引き継ぎなしで最初から始めたMH4G!
ハンターランクを引き継ぎたくなかったのと、名前を変更したかったのが大きいです。
そしてもちろん性別は女で。
貧弱装備で改めて思い知る、モンスターの脅威、それが楽しい。
最初のハンター一式装備を強化せずどこまでいけるか。
スラッシュアックス一本でどこまでいけるか。
また苦しくも楽しいハンターライフが始まる、、、。

[2014/10/9]
ラジアントヒストリアが中盤に差し掛かった。
本作は本編のストーリーと、もう一つのifストーリーを行き来して、歴史を正しく導く流れなんですが、これが良くできてる。お互いが独立したストーリーというわけでなく、キャラの感情の変化等が相互に影響を与えたりして、どちらのストーリーも楽しめる。
戦闘システムもアクティブタイムバトルに3x3のマスを絡めた能動的なシステムで工夫するのが楽しい。
明後日のモンハン4Gの発売までにできればクリアしたかったけで、難しそう、、、。

先日発表されたサムスのスーツを見て、4Gでは絶対に女にすることを決めた!

[2014/9/28]
モンハン4Gに向けて鎧玉を集めたいけど、全然でない。
そこで、フエールピッケル(フエピケ)に目を付けた。
装備はハンターS一式。
ドス大食いマグロ釣りまくってセーブ。
そんでフエピケ出るまで食いまくる。
手に入ったらまたマグロ釣ってセーブ、繰りかえし。
5分で1個くらい手に入るので、一時間やれば10個くらいは手元に残る。
運が良ければ金のたまごとかも手に入るし、古代魚やカクサンデメキンも釣れるし、クエストが回るのでふらっとハンターも捗ってけっこうお得感がある。
無駄にランクも上がらないし、のんびりした空気が良い。
魚の釣り方も上手くなって、今ではかなり短時間で釣果を上げられる。
現在フエピケ28個。
と、順調だったのに、、、なってこった!
フエピケと鎧玉は調合できないじゃんっ!さっき調合しようとして初めて気づいた!
どうしよ、、、

[2014/8/30]
 ゲームテック「トリガーアシスト 3DLL」なるものを購入。
 これは3DSのLRボタンがトリガーになるアタッチメントで、「操作性UP」のキャッチコピーが大きくアピールされている。が、これが非常に持ち辛い。トリガーに指をかけると人差し指が通常よりも下のほうにいくので、手のひらがぴたっと本体につかない為にホールド感がなくなり、不安定に。しかもテコの原理の成せる技なのか、かなりクリック感が軽く、ヘコヘコになってしまった。
 子供とかの手の小さい人なら、もしかしたら。

 それとファミコンカートリッジを模した3DSソフトケースを購入。
 こいつはなかなか再現度が高い。

[2014/8/22]
 モンハン4、4Gでは女キャラへ性転換すると決めたので、お決まりであるキリン装備を揃えることにした。とりあえず一番スキルが充実しているEXキリンU装備を揃えるため、キリン&キリン亜種のイベントクエストに挑む。ガンランスでまるまって、たまに砲撃していたら12分くらいでクリア。これを5回。
 意気揚々と装備を作っていると、ギルドチケットGと立派なくちばしで躓く。もうちょい先になりそうかな。めんどい。

 スーパーマリオ3Dランド、DL版が値引きされているのは知っていたど、店舗で衝動買い。ここ数年マリオに触れてなかったので、マリオに飢えだしてたんですよね。3Dランドは評判も良いし。
 で、やっぱり面白い。それほど興奮感はないものの、道順がわかりやすいステージなので遊びやすく、立体視もあるから臨場感あり。タヌキマリオだと空中でも制御が楽になるので、総じて難易度は易しめ。
 なんというか、スーパーマリオブラザーズの相当な3D進化版、といった感じがしましたね。3のBGMがアレンジされて使われているのも嬉しい。のんびり楽しめそう。

[2014/8/13]
 お盆も隙あればゲーム。
 3DSiwareの「奪還指令魔女ダンジョン〜主の為ならやらねばなるまい〜」が気軽に遊べるのに完成度が高くて良い感じ。ジャンルは「ゲリラ的ステルス風アクション」というらしい。魔女のダンジョンに侵入してきた敵を排除するのが目的。ただ、実行するのは圧倒的に力不足な使い魔。なので、後ろから攻撃したり、穴に落としたり、トラップを活用したりして敵の撲滅に走る。
 昔ながらの把握しやすい上からの視点、明確な目的、わかりやすいルール、500円という安価。モンハンの合間にやるにはほんと最適。

 メーカーは「燐光のランツェ」のアムジー。ランツェは最初のステージで止まってるから、これを機会にもう一度チャレンジしてみよう。

[2014/7/24]
 ひっさびさにコンテンツをアップ。ベンツとマリオはちょっと衝撃でしたからね。これを契機にもうちょいペースをあげていきます。

[2014/7/22]
 パソコンを新調。DELLからHPへ。
 さすが、MADE IN TOKYO、到着が早い。筐体はでかいけど、音が少なくてすんごい快適。今回はかなりスペックを盛ったこともあり、全てにおいてスパスパと動いてくれる。
 これでサイト更新も捗る、といいなぁ。

 360のメタルギア ライジング 北米版を購入。文字も字幕も日本語なのでプレイには問題無し。
 いや、こいつはすごいね!なんで自由に斬れるの!?なんで切断面にちゃんと描かれてんの!?すんごい気持ち良いよ!なんか久しぶりにゲーム表現の進化を感じた。プラチナゲームズすげーよ!!でも敵をすぐ見失うのは慣れでなんとかなるのかな。

[2014/7/8]
 ペルソナQ、イベント長い。世界樹感覚で遊んでるとキャラの掛け合いの長さにうんざりしてくる。特にオリキャラのレイが狙い過ぎな声優喋りでボタン連打スキップしたくなる。

 それとエリザベスなんかが頻繁に口にする、現状を分かったような分かってないようなことを匂わせる厨二オーラ全開のセリフも痛々しい。 既に僕が対象年齢から外れているのだと再認識してしまう。
 ただ、能登麻美子さんと坂本真綾さんの声が心地良すぎて、風花ちゃんとアイギスちゃんはメンバー固定することを心に決めた。あ、ペルソナ3したくなってきた。

 あと本作は世界樹と比べるとかなり親切、というか、ぬるい部分が多い。
 抜け道の目印がわかりやすいうえに数が多い、帰還アイテム無しでダンジョン行こうとすると警告してくれる、ペルソナのおかげで序盤から技がたくさん使える(逆に終盤になっても使える数は変わらない?)、モンスターから逃げやすい(体感的に)、お金も余りがち。
 難易度ハード以上だともっと厳しくなるのでしょうか。正直、今はかなりぬるい。
 さらに、レベルの低いインキュバスの全体即死攻撃がバランスブレイカーすぎる。しかも本作は戦闘後にSPが少し回復する仕様だから使い放題。こいつは封印したほうが良いかもしれない。

 しかも、くっそーーっ!こいつらダンジョン内でいきなり合コン始めやがった!東西ゲームやりてーー!モンスターに襲われろ、男だけ!


[2014/6/29]
 ペルソナQ、2つめのダンジョン、"ごうこんきっさ"の地下2階。世界樹よろしく動く床が面倒くさい。本作のダンジョンは本当に世界樹システムをそのまま使ってるっぽい。今後新しい仕掛けがでてきてくれると嬉しいのですが。
 正直意外なんですが、そこそこすれちがいできるのが嬉しい。本作のすれちがいはメガテン4と同じで仲魔(ペルソナ)が貰えるのですが、なんと早くもアリスをゲット!アリスのレベルは99、、、進めんの早すぎ、、、。もちろん僕のレベルが足らないので見てるだけなんですが。ちなみに僕のペルソナ最高レベルは20。

 モンハン4、同系統倍化装備が完成し、ほしい防具はあらかた作った。後は鎧玉で強化すれば、、、その鎧玉が無い、、、。結局鎧玉目当てにギルクエに行かないといけないのか、、、。

[2014/6/21]
 ペルソナQ、最初のダンジョンの地下3階に到達。ここからペルソナの合体とすれ違い通信が解禁され、ようやく本番といった感じですね。
 本作はあれですね、要は以前の3Dダンジョンのメガテンに世界樹の手書きマッピングシステムとアイテム精製が搭載されたという表現が一番ぴったりですね。見た目はポップ&カラフルでメガテンには見えませんけど、ペルソナ、要は仲魔もメガテンと同じですし、合体システムも同じ。ペルソナの入手方法くらいでしょうか、違うのは。
 難易度はノーマルで進めていますが、今のところはちょうど良いですね。世界樹よりちょっとだけ簡単かな、という感じ。これからペルソナの合体に頭を悩ませそうです。

 モンハン4、真打装備が完成し、後はミラボレアスを倒すだけ、なのですが、見た目が宜しくない。胴だけでも変えたいと、キリン亜種で発掘しているわけであります。同時にスラアクも。

[2014/6/13]
 ペルソナQ、ペルソナをまったくやったことないからか、キャラがよくわからない。せいぜいアイギスがAAで見慣れているくらいか。というわけでアイギスのでてくる3サイドでプレイ開始。
 で、導入部分がくっそ長い。テキストADVかと思ったよ!やはりこれはペルソナファン向けのゲームなのか。ペルソナと世界樹両方のファンをそれぞれのシリーズに呼び込むタイトルなのかと思っていたけど、ペルソナファンを世界樹に呼び込むタイトルなのかもしれない。
 とは言え、世界樹要素を入れたといっても、アトラスのゲームだから3Dダンジョンはおなじみなので、全然違和感がない。ペルソナって最初からこういうものだったんじゃないかとさえ思える。
 まぁ前述の通りペルソナを全くやったことないので、フィールドも戦闘システムも知らないわけですが。
 戦闘システムはメガテンらしく、敵の弱点を突いたら有利になるという攻めのシステム。これはなかなか良いですね。
 キャラも進めているうちに愛着がわくのかもしれない。
 山岸風花ちゃん可愛い。なぜ使えないんだ、、、。

 それにしても説明書うっすいな。最低限の操作しか載せないんならそれは電子説明書にまかせて、キャラのイラストや設定なんかを載せてほしい。最近の説明書はつまんない。

[2014/5/22]
 しばらく更新しないうちに下記の3つをダウンロード

 「コロぱた」
 「サジタリウス・エー・スター」
 「3D ファンタジーゾーン」

 なんとDSの名作レアゲーと名高い「コロぱた」がDSiウェアとして復活!しかもパッケージを丸ごと収録と言う太っ腹!これで1000円なら買うしかない!
 内容は、未完成なピタゴラスイッチのようなもので、アイテムを配置してピタゴラスイッチを完成させ、ひまわりちゃんをゴールまで導く。アバウトのようで、かなりカッチリした解答を要求されるパズルゲームですね。正直、難しい。

 「サジタリウス」は「コロぱた」と同じメーカー、ラックプラスの縦STG!通常弾の他に体当たりによるソード攻撃が特徴で、敵機に突撃することでスパッと斬ることが可能。ソード攻撃によるコンボを繋げるのがアクションパズルっぽくて何度もチャレンジしてしまう。

 「ファンジーゾーン」は、、、「アウトラン」をダウンロードしようとしたけど、こちらのほうが面白そうだったから思わず。左右自由に動けるのが面白くも忙しい。

 どれも面白くて3DSのホーム画面がごっちゃごちゃ。

[2014/5/4]
 すっかりここも月一でモンハンの駄文をむさぼるページになってしまいましたね。いやもうね、楽しいよね。一式防具揃えて狩りにでるだけで楽しいよね。最近はスラッシュアックスの格好良さに気がついて、スラアク防具を作ったり、スラアク練習したりでやることが尽きない。これ絶対4G発売まで続けてる自信ありますよ。

 逆転裁判5は3話の途中。なんか舞台とかキャラとか突然ジャスティス学園ぽくなってびびった。たしかに、ナルホド君とかオドロキ君はジャス学で戦ってても違和感ないかもしれない。まぁナルホド君はマブカプに参戦してますけどね。
 ただあれですね、捜査パートがあんまりないんですよね、今作は。4であったDSの機能を使った捜査はけっこう好きだったんですけど、不評だったんでしょうか。科学捜査はアカネちゃんがいてこそ、ということもあるかもしれませんけど、ちょっとテキストばっかりは単調に思えてしまう。

 3Dアウトラン、まだ買ってなかった、、、、。

[2014/4/19]
 重鎧玉が深刻に不足している。ギルクエでもあんまりでないし、欲しいときには真鎧玉ばかりでる。
 というわけで、ダレンモーランの下位イベントで鎧石集めをはじめたわけですが、、、これはこれで時間がかかる。平均13分をきるくらいなんですが、たとえクリアしても鎧石がでるかは、運。まぁ1個でればそれで良しっていう確立でしょうか。

装備と戦い方(もちろんソロです、、、)

ガンランス拡散5(ついにでました!掘り当てました!、、切れ味緑、スロット詰まり、残念な一品)
ゴルルナ1式
砲術マスター
高速収集

遠距離では大砲
大砲範囲外でバリスタ
後はひたすらガンランスで溜砲撃

これで船の正面に行かれる前に決戦ステージへ
決戦ステージでもバリスタ10発ほど撃ったら近づいていってガンランス溜砲撃

これ以上に効率的な方法があるのでしょうか、、、。


 逆転裁判5はまだ2話の途中、話の内容や展開は逆転裁判らしくて楽しい。ちょっとしたぬいぐるみのネーミングなんかも従来のノリだし。

 来週はアウトラン3Dが配信される。3D復刻プロジェクトが発足されてから待ってた人も多いはずのタイトル。ドライブゲームの金字塔、遊ばずにはいられない。あ、もちろん僕は初体験なんですけどね。PS2かXBOX360でアウトラン2遊びたかったのに、結局手に入らず仕舞いでしたからね。楽しみです。

[2014/4/11]
 サブターゲットでクリアすることを覚えてから、素材集めが飛躍的に早まった!今はリオレイア希少種の頭を壊しまくってゴールドルナ装備完成!サブタゲマラソン中は宝玉が4個、逆鱗が3つもでるという大盤振る舞いだった!ただ煌液がなかなかでなくて回数がかかってしまった。
 さぁこれで、ティガレックス希少種のしっぽを斬りまくる準備が完了した。脈動する爆心を集めまくる!

 逆転裁判5のヒロイン、ココネちゃんは若干個性が足りないかと思っていましたが、そんなことなかった!とにかく表情が良い!特にジト目(使いどころは違うが)と怒り顔。ポリゴンになって表情が硬くなるんじゃないかと思っていたら、全く今までどおりのコミカルさ。従来キャラの動きもばっちり再現されてるし、従来どおりの感覚で楽しめております。

[2014/4/4]
 ずっとアクションゲームばっかりやってると、アドベンチャーゲームがしたくなる。そこで、予約買いしておきながらずっと積んでいた逆転裁判5ですよ。えぇ、やっと3DSにセットしましたよ。
 1話終わった感想は、アニメだったり、ポリゴンだったりするものの、きっちり逆転裁判してる、という感じ。
 久しぶりにこのシリーズやると、いきあたりばったりな裁判展開にすっごいフィクション感。もちろん、でたらめな裁判で二転三転する展開が逆転裁判の醍醐味なわけで、よくここまでゲーム寄りにふりきったな、と改めてセンスの良さを感じる。
 ただ、ヒロインにこれまで程の個性が無いかもしれない。デザインにしろ性格にしろ。「感情がわかる」能力は、4の「動揺をみぬく」能力よりかはゲーム的に面白そう。ココネちゃんの今後の活躍に期待。

[2014/3/29]
 モンハン4の為に更新が滞っておりますが、ついに、「団長からの挑戦状」をクリアしました!、、、って前回と同じでだしですが、それだけここを疎かにしているということですね。すみません。
 とにかく、もどり玉を頼りに強引にクリアしたものの、感無量です!要は裏ボスを倒した、みたいなものですからね。装備はカーサスブレイド、ラギア1式。ラギアはともかく武器は最終強化のものではないのでちょっと不安でしたが、それほど威力不足は感じませんでした。今後さらに良い装備が手に入ったら、もっと楽にクリアできるのでしょうか、楽しみです。
 さらにティガ希少種もソロでクリア。こちらは使い慣れたボルティックワークス、バサルU1式。細菌研究あればもっと楽だったと思うので、今度は付けていきたい。

 まだまだやりたいことは山盛り。終わるのか、、、、

[2014/3/6]
 モンハン4の為に更新が滞っておりますが、ついに、ハンターランク解放しました!ダラ・アマデュラは弟に手伝ってもらって、僕はステージの下のほうでひたすら大剣の溜3を当て続けてただけなんですけどね。クリア時間は20分。HRは一気に73!
 さぁ、次の目標は「団長の挑戦状」!、、、でもなぁ、これ無理でしょ。ラージャンのビームが死角から突き刺さる。まだまだ長く遊べそう。

 ラジルギでごじゃる!、をダウンロード。
 体育倉庫をその場で守る、ということでスクロールはしません。ひたすら敵機を迎撃していくことになります。背景は地味でラジルギっぽくない。
 おなじみのソード、ショット、バリアがあり、ショットは3種類を使い分け。安価な分、シンプルなモードしかないのでたんたんと遊ぶゲームですね。
 カラスもラジルギも従来と比べると画面比率が違うから違和感ありますし、なんというか、とにかく地味になった。見た目も爽快感も。次があるのであれば、そこらへんを重視してほしい。

[2014/2/18]
 モンハン4、ついにハンターランク解放の一歩手前まできましたよ。残すはダラ・アマデュラのみ、、、まぁ初見はどこ攻撃していいかわからずバタバタしちゃいましたが。そのうち倒す!
 といってもまだ村クエが残っていて、テオが倒せなくて泣きそう。テオ対策に細菌装備のゴア+ブラキを作ったはいいものの、防御力が200台。強化しようにも鎧玉がない。鎧玉を探しに今日も狩りにいく。

 カラスは正直、STGの爽快感が無いので微妙だ。各武器のレベルを上げていけば派手になっていくのでしょうけど、それまで面白みがないのが辛い。前作は数ステージでド派手になったからわかりやすかったのに、成長過程を進行の主軸にしたらこうなるとは予想外。もうちょい頑張るか。

[2014/1/30]
 モンハン4の合間に、先日発売された「カラス Beast of Re:Eden」をプレイ。まだゼルダもやってないのに何故カラスが先なのか、、、まぁマイルストーンSTGの行方が気になってたので。
 
そう、ご存知の通り、マイルストーンはすったもんだあった為、ゲーム開発の中核はクロンに移籍していたそうです。クロンは「風雲大篭城」でお馴染み(?)河本産業の子会社で、マイルストーン関係者を中心に「サクラフラミンゴ ラボラトリー」というゲームブランドを立ち上げ、本作の開発・発売に至ったそうです。以上、wiki情報でした。

 
それにしても、まさかマイルストーン系STGの新作が出ようとは。発売を知った時はすぐに予約しましたよ。マイルSTGではカラスが一番好きですからね。
 
で、ちょっとプレイしてみての感想ですが、まだよくわからない、、、。前作のアーケードゲームのようにステージ制ではなくミッション制に変更されており、「ショットで敵を50機倒せ」のような課題をクリアしていくのですが、まだ面白みを感じるミッションまでいってない感じです。ミッションで成長した武器はそのまま引き継がれていくようで、クリアできないミッションは簡単なミッションで経験値稼ぎして武器レベル上げれば楽になるっぽい。
 
視点は真上からじゃなく、レイストーム程じゃないですが若干斜め上からの視点にすることで横画面に対応していますね。ただやはり窮屈な感じは否めないですが。操作なんかは前作を踏襲しているのですんなり入れました。一般的な8方向移動とはいえ、スライドパッドが使いやすいので遊びやすいです。
 
すれ違い通信では、おまけギャラリーで観覧できるイラストが交換されたりするらしいので、とりあえずすれ違い設定はしておきました。、、、果たしてすれ違うことができるのか、、、。こういうマイナータイトルはニンテンドーゾーンに行くとすれ違える可能性があるらしいので、町田のソフマップにでも行きましょうかね。
 
起動やセーブのストレスは少ないので、モンハン4の合間にするには丁度良いゲームかもしれない。はやりモンハン4DL版買って正解でしたよ。

 
2月には3DSDLソフトで「ラジルギでごじゃる!」も発売される。クロンを応援する為にもこちらも遊んでみる予定。

[2014/1/17]
 あぁ、1月も後半にさしかかろうとしてます。ずいぶん遅くなってしまいました。例年恒例としている本ランキング、やっと纏まりましたよ。と、その前に2013年の反省を二つほど。
 まず、更新頻度の減少。忙しいとは言え、ここまで激減するとは。お手軽なCMレビューでさえ2013年はたったの6つ。それも年末に駆け込みで2つ追加していたり。
 そして積みゲー。2013年発売で現在積みゲーとなっているのが「怒首領蜂再大往生」「逆転裁判5」「星霜のアマゾネス」「ゼルダの伝説 神々のトライフォース2」あたり。2013年はRPG系を何本も遊んでいた関係で、1本あたりのプレイ時間が長かった。特に「新世界樹の迷宮」「女神転生4」「デビルサバイバー2」のアトラス系はそれぞれ100時間越え。「ノーラと刻の工房」は何周もしたわりには30時間くらい。そして「モンハン4」はそろそろ200時間になろうかというコストパフォーマンスの良さ。まぁどれもこれも面白いのが悪いのであって僕は悪くない、たぶん。

 さぁ、今回ランキング対象となるゲームは以下の通り!

カラドリウス
ミッドナイトクラブ ロサンゼルス
シャドウオブザダムド
解放少女
怪獣のでる金曜日
ありんこ戦車
スーパーストリートファイター4 3Dエディション
さよなら海腹川背
新世界樹の迷宮
女神転生4
モンスターハンター4
タクティクスレイヤー
デビルサバイバー2
ノーラと刻の工房

 新規に遊んだゲームはもうちょいあるのですが、主だったのは上記のソフトですね。2013年発売のゲームも多いし、2013年は充実したゲームライフを送れました。
 まずはランク外ながらも印象に残っている好きなソフトをいくつか。

「ノーラと刻の工房」
 いやこれはね、どこが面白かったか聞かれると返答に困るんですよ。作業ゲーだし、戦闘は特別に工夫されているわけでもないし、ストーリーに意外性があるわけでもない。ゲームシステム的には、刻を操ってアイテムを作るというプロセスは新鮮でした。後はただただキャラと世界観が好きなだけですね。特にOPはお気に入りでたまに見たくなる。

「解放少女」
 これもまた際立って面白い要素はないのですが、タッチパネル操作STGの楽しさを教えてくれました。それとヒロインのヒップが良い。なぜか続編がPS3でADVでしたね。まぁこちらは機会があれば。

「シャドウ オブ ザ ダムド」
 よくあるTPSなんですが演出面が良く、ガツンと印象に残った一本。最初に遊んだ海外版ではヒロインの胸をじっくり鑑賞できるステージもあって嬉しかった(中学生か!)。昨年末には日本版を購入したのでそのうちプレイしたい。

「カラドリウス」
 2DSTGの完全新作&脱衣が話題となった本作。同メーカーのKOFスカイステージ体験版が驚くほどつまらなかったので危惧していましたが、予想外に楽しませてくれました。脱衣を楽しんだ後には武器選択による攻略も存分に楽しめるという、サービス精神溢れる一本。おそらく次世代機では新作2DSTGは出ないでしょうから、360の晩年に2DSTGが発売されて本当に嬉しい年でした。

「タクティクスレイヤー」
 コスチュームを着替えるたびにバストがプルンッと揺れる、、、まさかDSでこれほどのソフトがでようとは、、、。一見の価値ありです。


 ではランキングです。


トップバッターの第五位!
「さよなら海腹川背」
 旧作の雰囲気はそのままに、まさかの完全新作として作られた海腹川背。正直言って未だにクリアできていなかったりするのですが、愛らしいキャラにのどかなBGM、それに放り投げそうな難易度で定期的にチャレンジしたくなる、へっぽこゲーマー魂を焚きつける一本です。


第四位!
「デビルサバイバー2」
 メガテンのSLGというと嫌な予感しかしない世代なんですが、これは面白かった。悪魔合体の幅が広がって、自分の好きなように悪魔とスキルを組み合わせる事ができるのが嬉しい。一見普通のターン制の戦闘も緊張感あるシステムとなって戦闘自体が面白くなった。キャラクターデザインも魅力的。最近音沙汰の無い3DSのリメイク期待してます。


第三位!
「新・世界樹の迷宮」
 世界樹シリーズで初めて操作キャラが固定化されたストーリーモードを搭載。どうなることかと思っていましたが、1を未プレイだったこともあってストーリー自体を楽しめました。ストーリーを追う世界樹も面白い。アトラスらしい展開とはいえ衝撃でしたよ。ただ、グリモアの入手は運要素が強すぎたと思う。


第二位!
「真女神転生4」
 SFC版の1を序盤で投げ出して早15年以上、本家メガテンシリーズをまともに遊ぶのはこれが初めてと言っていいでしょう。序盤がこれほど難しいRPGって今までやったことなかった気がしますよ。いや、世界樹も難しいんですけど、ウィザードリィ系はそういうジャンルだと割り切ってますからね。でもメガテン4のプレスターンバトルとニヤリシステムがこれほど尖がったものだったとは舐めてました。序盤は全滅を繰り返し、敵の攻撃を覚えて、仲魔を合体させて乗り越えるのが面白かった。物語が進むにつれて戦闘の厳しさも抜けていきますが、キャラの魅力と悪魔合体の楽しさで最後まで楽しめました。そろそろ再開して別ルートを遊んでみたい。


そして第一位!
「モンスターハンター4」
 モンハンは時間をとられることが分かっていたので、頑なに手を出してこなかったなのですが、その圧倒的な魅力には抗えなかったですね。初めてのモンハンです。最初は重いアクションに戸惑っていましたが、その重さがこれほど楽しく感じるとは!やはりカプコンのアクションゲームは楽しい。主役となるモンスター達のクオリティも非常に高く、装備の数値とプレイヤースキルが絶妙に絡んでくるシステムは抜けられない魅力満載ですよ。オンも楽しいし、200時間遊んでまだまだ終わりが見えないのはポケモン以来かもしれない。モンハンに時間取られて他のゲームが出来ない嬉しい悲鳴。

 こうして見ると携帯機ばかり。そもそも据置機をそれほどプレイしていないですね。今年はSCEとマイクロソフトの次世代機も発売され、かなり盛り上がるであろうお祭り年。ただ僕としてはPS3とWiiUがほしいかなと。360の小さい新型も欲しいところではありますが、なにぶんお金が、、、。
 そんな感じで次世代機はまだ当分先となりそうですが、2014年も楽しくゲームを遊んでいくつもりです。
 では、今年も宜しくお願い致します。

[2014/1/4]
 あけましておめでとうございます。楽しい正月ゲームライフをおくっておられるでしょうか?僕は、、、風邪ひきました。まさか新年から39度近くの熱がでようとは。
 こういうときにゲームをすると頭痛を誘発するんですよね。ま、遊ぶんですけど。体休めます。

inserted by FC2 system