ゲーム万場 

[2012/12/31]
すみません、時間が無いので、2012年ランキングは年明けに!
良いお年を!!

[2012/12/29]
■ロックマン3をクリア!
3の難易度はそこそこといったところでしたね。2ボスとの再戦あたりが山場。
1は、今年中にクリアは諦めた。いやもう無理。

■今更始めたWiiスポリゾートのチャンバラがすごい!
縦斬り、横斬りはもちろん、斜め斬りの角度もかなり正確にリモコンの軌道をトレースしてくれることで生まれる一体感、これですよ!
Wii発表時に妄想してやまなかったチャンバラゲームがまさにこれ。願わくばこれでwi-fi対戦したかった。
もうこの仕様で一本しっかりした対戦ゲームか一人称視点ゲームを作ってほしいなぁ、なんて考えてたら、そういえばレッドスティール2があったな思い出し、再開。やっぱりこれはこれで面白い。WiiのFPS系ゲームで一番完成系に近いのはこれでしょ。

それにしてもおかしいことは、Wii発表時はこういうのが我も我もと競いあうように発売されるとふんでいたのに、結局対した数でませんでしたね。Wiiリモコンなんてむしろ一人称視点ゲームのためにを採用したのかなと思ってたくらいなのに。
モープラ対応ソフトもあんまりでなかった。
グランドスラムテニス、レギンレイヴ、レッドスティール2、ゼルダSWS、そしてスポリゾといった対応ソフトは本当におもしろいのに。むしろモープラからが本番だったはずなのに。
あ、ゼルダ放置してた。

■で、気づけば早くも年末。いやちょい前から気づいてましたけどね。
今年のゲーム業界も色々ありましたね。新規ハードとしては、3DSLL、WiiU、PSVITAが発売。VITAは11年の末でしたけど。
ゲーム万場的には3DSLLが今年最大のイベントでしたね。予約して購入した初めてのハードですよ。もちろん期待通りの活躍をしてくれており、毎日絶賛稼働中です。
その他にはこれと言って大きな出来事は無く、時間は少々足りなかったものの、安定したゲームライフを送ることができましたよ。

というわけで、ゲーム万場的今年ゲームランキングですね。
ノミネート条件は例年通り、今年発売のソフトに限らず、「今年プレイした現行機種のソフト」です。Wiiは現行機扱い。
そして今年のノミネートソフトは下記の通り。
「パンドラの塔」「Wiiス ポーツリゾート」「ゼルダの伝説SWS」「解放少女」「クリムゾンシュラウド」「世界樹の迷宮4」「哭牙」「レイマンオリジン」「伊都香先生と密室にいたら ○○しちゃうかもしれない」「ラジルギ ノアWii」「キュービックニンジャ」「オトメディウスX」「フォールアウト3」「虫姫さま360」「アンデフHD」「機動戦士ガンダム MS戦線0079」
DSを含めれば、「ニンジャガイデンDS」「メタルスラッグ7」なんかはかなりの時間プレイしたのでエントリーさせたいのですが、一応ルールに則って進めたい。でもクリアしたものが少ないというのが心残り。

ではまた31日に。

[2012/12/22]
5に続いてロックマン6を難なくクリア。
むぅ、なんかやたら簡単だった。ステージに回復アイテムが多い、一発ミスが少ない、ボスは個性的なのにパターンが読みやすい、そしてワイリー弱い。5に続いてこれだけ簡単だと拍子抜け。
でもラッシュとの合体とか、海外プレイヤーのデザインしたボスなんかの見所もあり、6は6で面白かったのも確か。
それと、ロックマンシリーズはグラフィック関連の進歩がわかりやすくて、6ともなるとファミコンの限界かと思えるくらいに描き込まれていて美麗。さすがにスーファミ並みとは言えないまでも、チープには感じない。

さて、 4->2->5->6とクリアしてきたので、残りは1と3ですが、、、やっばい、1がゲロ吐くほど難しくて3DS閉じちゃう。
ようやく、ようやくカットマンとボンバーマンを倒したものの、挫けそうな自分がいる。そういえばファミコンの1をプレイするのは初めてだっけか。GBの1でボスや曲に馴染みがあるから勘違いしていた。
しかしこれがロックマン。僕のイメージ通りのロックマンだ。難しくてなんぼ、この難しさもロックマンの特徴であり、ロックマンが愛され続ける所以でもある。
思えば子供時分にGBシリーズでミスしまくってもめげずに遊んでいた日々、ロックマンは間違いなく難しかった。でもそれが楽しかった。難しいからこそ長く遊べたし、記憶にも残っている。苦労してクリアする、そんな楽しみ方を教えてくれたのはロックマンワールドシリーズだった気がする。
またその楽しみを繰り返すことができるなんて、すっごい幸せなことじゃないか!、、、でもなぁ、難しいんですよ。なんか足元滑るし。あぁ、ワールドでも多少滑ってた気がする。

3は残りワイリーステージのみ。
今年中に両方クリアしたい。

[2012/12/16]
ロックマン25周年キャンペーンで1〜6まで100円引きの400円で売られていので、この際に1、3、6をダウンロード。これで我が3DSのHOMEに全てのロックマンが並んだ!
HOMEではタイトル画面がアイコンとして表示されるのですが、1のアイコンだけ青くて違和感。ロックマンの変なポーズと合わさって異彩を放っている。なにあのポーズ。戦隊ものでよくある、名乗って決め!みたいなポーズ。ロックマンはあんなポーズしない。ロックマン「ロックマンっ参上!」(ポーズビシッ!)なんてしない。
5は昨日クリア。5は面白いんだけど一部のボス意外は総じて難易度が低かった。ブルースとワイリーの長丁場のステージも最後のワイリーが弱すぎて拍子抜け。
クリアまでのプレイ時間も2や4よりも短かく、プレイ回数は半分程度。
1をちょこっと触ってみたら難しすぎ。
次は6。

7とフォルテも配信してほしいものですが、SFCの配信はいつになるのか。フォルテはGBA版があるからまだ希望があるかもしれない。

[2012/12/12]
おぉっ!12が三つ並んだ!、、、なんも無いけど。

950円でデッドオアアライブ アルティメットを買ってきた。XBOX用ソフトでDOAの1(SS版)と2をXBOXへ移植したもの。

正直僕はDOAシリーズにそれほど思い入れはなく、360の4も5もパンツは見たさを我慢してスルーしてました。しかし2はドリキャスで大変楽しませて貰った思い出がありまして。ついでにDCの寿命も縮めてもらいまして。読み込み多すぎだろ。もちろんDC版は限定版を買った。
当時はピクチャーレーベルというだけで「気合入ってんな!」って感じで、しかもDCの限定版はカスミの裸体バストアップのピクチャーレーベルだったのだ!とは言っても湯気がかかっていて胸から下は見えませんけどね。とにかく2は友達と猿のように対戦しまくった。もちろんコスチュームも集めまくった。

ただ気に入らなかった点が、胸の揺れ方。DOAと言えば胸揺れ、これはゲーマーのみならず万国共通の認識なんですが、当時僕はフワフワした揺れ方が受け入れられなかった。おいおい、お前らの胸は風船か、胸になに入れとんねん、と。もっとこう重みを感じさせろと。たわみを感じさせろと。ゆさゆさ感をだせと。
それでも当時、僕たち男子連中は、その胸揺れに、パンチラに、美麗なグラフィックに、ホールドの駆け引きに夢中になったものです。さて、2000年発売の2、2004年発売のアルティメット、この4年でどれだけ凄くなったのか確かめてやろうじゃないか!

なんて、5が発売された2012年末にやることでもないんですが、まぁとにかく目に留まったんで買ってきたんですよ。ちなみに1はモデリングが当時のま まなのか、解像度を上げただけの感じですね。テクスチャも作り直しているのかな?当時遊んでなかったので、1回起動して終了。

さて、本命の2ですが、まずムービーが追加されておりまして、かすみとあやねの境遇、そしてかすみが抜け忍となった背景が描かれています。
が、なんぞこのモデリング!? 子供の頃の顔がおかしい、っていうか怖いよ。子供だからってあんだけ目を大きくしたら怖いよ。目は不自然にアーモンドだし、鼻は子供っぽくなくてすらっとしてるしで、モデリング担当は子供心を忘れて大きくなった仕事一筋サビ残デスマーチ爆進中の社畜かってくらい汚れた大人になってしまっている。

というかそもそもDOAのアニメとリアルのどっちつかずな顔を皆受け入れているのか?
実は僕はい まいちDOAの顔造詣が好きになれない。おっさんキャラは皆良い感じなのに、男女問わずハンサム顔になると途端に違和感がでてくる。そのせいでいまいちセクシーさを感じないというのがある。あの顔であの胸だからすっごい違和感。大きくてもCカップだろあの顔は。もしCカップ以下にできるチートがあれば迷うことなく導入するね。今までチート関係には一切手を出してこなかったが、これだけは断言できる。
巨乳枠はティナがいるから。アメリカンに任せておけば良い。日本人女性は控えめなボディラインが一番似合う。正直Cカップでもでかいよ。もうAかBで頼むよ。いや、巨乳は好きだよ?でもかすみとあやねは絶対小さいほうが似合うって!
今更サイズを変えられないというのなら、せめてサラシを まいて胸を締め付けているコスチュームを作るとかで対応できないのか?まぁそれだと揺れないか。なんとかしてくれチーニン!

今までプレイした狭いゲーム郡の中でモデリングに一番エロさを感じたのはお姉チャンバラZだな。むにむに感が良い。それと顔のモデリングも僕好みだ。まぁ顔は個人的好みなので強くは言えないが。
DOA5もエロいと評判だが、かすみとあやねのポールダンスのムービーを見た限りでは、動きはエロいものの、まだ肌が硬そうな印象を受ける。でも胸が左右独立して揺れるのはすごいと思った。

ただ、未だにポールが服を貫いているのはまだ技術的にどうにもならないのだろうか。いっそのこと服にもモーションキャプチャーを導入すれば良いじゃないか、ポールダンスの場面だけでも。 どんだけポールダンスにこだわってんのか、と言われかねないが、PVにポールダンスを持ってこられたら拘らないわけにはいかない。
ほんとどうでも良い持論で長くなってしまったので、ゲーム部分の感想は後日。

[2012/12/07]
ケイブシューティングコレクションが発売予定であることをアマゾンさんが親切にも教えてくれたわけですが、ほとんどを限定版で買った身としては特に必要ないかなと思ったら、攻略DVDと冊子が付いているとか!

あ、そういうことするんだケイブ。

ただでさえ他ジャンルに比べて割高感ある2DSTGをフルプライスで売っておいて、さらに纏め売りでもう一儲けときましたか。
というかこれ、3万円とか誰向けの商品なのよ?
2DSTGが好きなプレイヤーはすでに持ってるでしょうし、発売元が別の大往生とケツイはもちろん入ってないし。纏め売りと称して高額商品で稼ぎたいだけちゃんうんかと。

冊子とかだけ別売りしてくんないかな。

[2012/12/02]
色々仕入れ。
ニンジャガ2、ニンジャガDS、ロックマン5、解放少女、Wiiスポーツリゾート、そして、
女家庭教師 伊都香先生と密室にいたら ○○しちゃうかもしれない。 、タイトル長い。
いやなんか、気になるじゃないですか、男としては。
けどこれ、ゲーム性なんてあるもんじゃないですね。あるのは欲望のみ。
でもこれで正しい。だってこれはこういうソフトですもんね。ただね、いまいち突き抜けられてないっていうか、もうちょい、ちょっかいかけられると良かったかな。

あとは解放少女が思った以上に面白かったですね。
ロックオン型の3Dシューティング部分もさることながら、ヒロインのヒップが最高ですね。
おしむらくはこのヒップがムービーでしか見られないというところでしょうか。
大統領である少女が単騎で敵に突撃する付き抜けた設定も魅力。
ただ左手だけで支える手前、どうしてもぶれやすくて立体視が安定しない。

それとニンジャガDS、これも想像以上にタッチペンで自由に操ることができて、僕の操るリュウ・ハヤブサが格好良い。
絶技の使い方がわかってくると、ずっと俺のターンができて爽快。セーブポイントもちょこちょこあって、短時間でも進められるのはありがたい。
最初は違和感のあった縦画面も、ボスの大きさが強調されて迫力アップに貢献している。
難を言えば、外で遊びにくい。

次はクリムゾンシュラウドをDLだ。

[2012/11/24]
■ ロックマン2をクリア!
ボスラッシュ手前のステージでやたら苦戦して今頃のクリアとなってしまいましたよ。
最後のワイリーの仕掛けに笑った。しょぼっ!

■ メタスラ7はやっと中尉に!
まだまだ階級を上げる余地はあるものの、元帥までいける気がしない、、、。
シンシア教官は今でも十分デレているけど、この先どうなってしまうのか。確かめずにいられない。

[2012/11/22]
■ ロックマン4をクリア!
やっぱ4はおもしれーな!トードマンに癒される。ステージ曲の格好良さとボスの弱さのギャップが最高だ!
最後のワイリーはファラオショットないと詰むのか?ロックバスターで全くダメージ与えられなくてあせりましたよ。FC当時はワイリーステージに行けなかったのでここらへんは手探りで面白かったですね。
タイミング良く5の配信も始まったので、次は5だ。

FCの時は大作でボリューム満点のアクションシリーズ扱いでしたけど、3DSでやってると、丁度良い長さとシンプルで色鮮やかな画面、そして「まるごと保存」による攻略性で3DSとの相性がバツグンですね。
7とXまで全て配信されてほしい。

[2012/11/15]
■レイマンをちまちま進めているんですけど、この頃はレイマンのださいダンスがツボってきた。
レイマンはあからさまに海外臭のする見た目にかなり損をしているソフトだと思う。マリオとソニックのレスポンスの良いところをまとめて仕上げました的なアクション感覚は、新鮮味は無いですが安心して楽しめる側面がありますね。
人を選ぶとすれば、ステージ道中でアイテムを収集するゲーム性は人によっては面倒と思うかもしれない。

■クラニンから「エキサイト猛マシン」が届いた!
これはクラニンの1000ポイントと引き換えにもらえるレアソフト。まぁ中古で普通に売ってますけど。たぶん今の内に手に入れておかないと今後は入手難筆頭ソフトだと思う。
近いうちにじっくり遊んでみる予定です。

[2012/11/10]
■ぼけっとしているうちに10日も経っているとは。
さすがにこの時期は仕事が忙しくてたまりませんよ。通勤電車内の3DSが癒しの時間。

■メタスラ7はやっとこさ階級を少尉に上げられました。
スクール内でミッションごとに殲滅するのが楽しくて、メインそっちのけで楽しんでる状況。
シンディーの態度があからさまに変わったのは笑った。デレるの早い、ツン期間短すぎ。
いつの間にかプレイ時間が世界樹4に次ぎ2位に入ってましたよ。

■「あぁ無常 刹那」をDL。
任天堂発売、アリカ開発の縦STG。クリアは簡単、スコア稼ぎは天井知らず、というヘタレシューターにも嬉しい仕様。
機体は初級者向けのAと上級者向けのBと2つあり、さらにステージは1つながらも敵出現位置固定と敵出現位置ランダムの2つあります。それぞれオンラインスコアアタックでは分かれているので、計4パターンで集計されております。
機体Aでは、ボムを撃つと自機周り一定範囲の敵弾が点数アイテムに変化。ボムはボムゲージを消費するのですが、時間経過・敵撃破・アイテム回収でゲージが回復されていくので、ボムを撃ってアイテム回収して敵を裁きつつ敵弾を引き付けてボム撃って、、、という流れになります。
機体Bはボムの代わりにレーザー搭載されており、レーザー撃っている間は自機周り一定範囲の敵弾がスピード低下、敵を倒すとその敵弾がアイテムに変化、という具合です。
怒首領蜂のコンボシステムがチェインと言葉を変えて採用されているので、アイテム数とチェイン数がスコアの鍵。
1ゲームが最後までいっても10分程で短い時間で挑めて、なによりカートリッジを入れ替えなくても遊べるのが嬉しい。これも長く遊びそう。

[2012/10/31]
■7月末にweb拍手ですすめてもらったレイマン オリジンが届いた。いやぁ、世界樹が長引いて買うタイミングを失ってました。まだ世界樹はプレイ中ですけどね。
さっそく開封すると、説明書はカード一枚というばっさり仕様。3Dの注意書きやストーリーなんてなにそれおいしいの?と言わんばかりのパッケージング。カード一枚に目を通せばほぼ操作できる、ずぼらな人にもやさしいUBIクオリティです。
さて、まずオープニングが凄い。造詣の細かさも、キャラの表情も、ストーリー性もぬかりなく、まるで上質のアニメーション映画のよう。
さぁゲーム本編、レイマンはゲームボーイのカラー版いらいですね。あれも滑らかで描き込みもすごく、すばらしい2DACTでした。本作ももちろんそこらへんは健在で、キャラの動きが非常に滑らかでバリエーションも多く、活き活きと動いていますよ。
ただふわふわ感もGBC版と同じで、例えばロックマンのようなかちっとしたアクションが好きな人は違和感を感じるかもしれません。しかしこれもレイマンの魅力ととらえれば、流れるようなアクションに魅了されるはず。
これで定価2500円は価格破壊ですよ、シンプルシリーズがかすんでしまいます。ちなみにamazonでは1500円程で買えるので、コストパフォーマンスは相当に高いものがありますよ。
こういう値段が手ごろなソフトこそダウンロード版があれば嬉しいのに。3DSのダウンロード販売はパッケージと変わらない値段ですから、店頭で割り引かれるパッケージ版のほうが実質安いという事態になってますよね。
ゲームショップとの兼ね合いなのかもしれんけど、もうちょいなんとかならんのか。

[2012/10/25]
■世界樹4、「偉大なる赤竜」を撃破!
レベルが70目前だったこともあり、案外苦戦することも無く1度で倒せましたよ。この調子で残り2竜もすんなりいけそうだ!
と、調子に乗りましたけど、ゲストの皇子がいなかったらジリ貧だったでしょうね。状態異常、縛り、スタンが良いタイミングで決まってくれてダメージはそれほど貰わなかったものの、いかんせん攻撃が貧弱すぎた。
我がパーティーのダメージ源はナイトシーカーの状態異常からのシャドウバイト、スナイパーのアイテムで属性付加のスコールショットが主で、けっこう運に左右される構成。
もちろん各種アシストはしているものの、結局はインペリアルである皇子のフリーズドライブが一番安定したでっかいダメージ源でしたね。
ちょっと戦略を考えたほうが良さそうです。

[2012/10/21]
■メタスラ7はひとまずビギナーでクリアしました。これでコンバットスクールで全ての項目が楽しめるように。
しかしビギナーと言えど難しい。さらにコンバットスクールも難しい。最高評価のSランクがなっかなかとれない、言い換えれば長く楽しめるということか。

■3DSのVCでロックマン4をダウンロード。懐かしすぎる。
僕はロックマンと言えばロックマン4。ファミコンで遊んだこともそうですが、漫画(コロコロ?)も読んでて思い入れが強い。やたらロックマンが正義感振りかざして敵を倒しまくってたのが印象深い。
それにぢてもすっごい久しぶりに遊んだのにトードマンとダストマンが弱くて驚いた。あれ?こんなに弱かったっけか、、、。
あと4は音楽が半端なく格好良いんですよね!ステージセレクト画面の音楽とか頭の中で鳴り続けて困る。

[2012/10/15]
メタルスラッグ7が遊びたくなってamazonを覗いたら、日本版が定価で、北米版が3000円で、韓国版が1000円台で売ってた。まぁメタルスラッグだから日本語じゃなくても困らんでしょ、と軽い気持ちで北米版をチョイス。
早速届いたので遊んでみると、期待していた以上にメタルスラッグですっごく楽しい。
特にボスが個性的でメカメカしくてガチョンガチョン動くのがたまらなくメタルスラッグらしい。もちろん描き込まれたドット絵も健在。背景はのっぺりしていてちょっと違和感があるものの、効果音、ボイス、どれをとってもらしさが溢れていてこれは大満足ですよ。
ステージの短さも携帯機として丁度良く、気軽に遊べるのがまたプレイ意欲をそがない仕様。
ビギナーモードではマシンガンがデフォルトで撃ちまくれるのが爽快。
さらにコンバットスクールで可愛いシンシア教官からだされる色々なミッションをクリアしていくのも楽しい。捕虜の救出やタイムアタック、アイテム探し等。
ただし、ここで問題になったのが、英語。シンシア教官が色々喋ってくれるのに、英語が半分ほどしかわからない、、、。訳すことはできても、ニュアンスが伝わってこない。
これは失敗した。まさか北米版にこんな落とし穴があるとは、、、。事前にコンバットスクールがあることはわかっていただけに、悔やまれる。

あぁ、シンシア教官とおしゃべりを楽しみたい、、、買うしかない、日本版を。
というわけで、中古ですが日本版を買ってきました。北米版を買ってからわずか2日。まぁ良い教訓になりましたよ。
写真の左が北米版、右が日本版。

メタルスラッグ7 メタルスラッグ7

パッケージ裏にお国柄が表れてますね。
説明書は北米版が圧倒的に分厚く内容充実。そして北米版には製品紹介の8cmディスクまでついてきました。日本版にやる気が感じられない。
とりあえずこれでシンシア教官とのおしゃべりも楽しめそうなので、これからは安心してコンバットスクールに通うことにします。

[2012/10/8]
■パンドラの塔、3つ目の塔をクリア。
今回は塔の仕掛けもボス戦もこっていて遊んでて面白かった。特に長すぎず短すぎずの道中がテンポを損なわせておらず、次へのモチベーションを下げないのが良い。RPGとかだと1つのダンジョンが長くて面倒くさくなるのが多いですからね。

■世界樹4、第六迷宮を攻略中。
地下2階のワープゾーンが鬼畜すぎる。しかもでてくるモンスターは石化を筆頭に油断してると即全滅に繋がるので一戦一戦が気が抜けない。しかしそこが良い。

■ロックマン2、ワイリーステージの後半を攻略中。
まるごと保存のおかげでなんとか挫けず続いてます。ファミコンでやれと言われてたら絶対拒否しますよこれは。

[2012/9/30]
■世界樹4は第六迷宮を探索中、全員石になって全滅を早くも二回。さすが容赦ない。

■パンドラの塔のセレスは、なんかほんと狙ってますよ。能登プラスと例えられる理由がわかった。
いやもう、とにかくいじらしく可愛いので守ってあげたくなる。
鎖を使ったアクション部分も手堅く楽しいですし、家と塔を行き来する良い意味でこじんまりした舞台なので、塔の攻略とセレスを愛でるのに集中して楽しむことができる。
今は二つ目の塔を攻略中。

■コクガは、どうにも地味ですね。見た目も地味ならゲーム性も単純。
もちろん狙って作られてるんでしょうけど、シンプルとかスタイリッシュという言葉ではちょっと納得できない。
ステージが"シューティングゲーム"としては多い15ステージ、それぞれに難易度が4段階。ボリュームは"シューティングゲーム"としてなら多いかもしれない。要は家庭用フルプライスのゲームとしては少ない。

さらにどうにもしっくりこないのがタッチパネルを使ったカードアイテム。
カードを使うと、連射できたり、レーザー撃てたり、バリアはったり、回復できたりするのですが、下画面にランダムで多くの種類から4枚配置されるので、アクション中に手元を確認して使わなければならないというテンポを悪くする仕様。
ブリーチDSやジャンプSSは同じようなシステムでもとっさに使いやすかっただけに、欠点としか思えない。

狙って撃つ、というコンセプトに関しては、動き回りつつ狙えるようになってくるとけっこう楽しい。
ただこれも砲台を回転させるスピードが遅いので、とっさにクルッと狙えない。180度反転ボタンくらいあったらうれしかった。しかしこれは立ち回りを工夫しろ、ということなんでしょう。
しかしステージが窮屈なので敵弾を避けつつ回り込むというアクションが取りづらい。

amazonでは評価がやたら高いですけど、本当に世間の評価はこれなのか疑問ですよ。

台風どうなるかな、、、。

[2012/9/26]
「ラジルギ ノアWii」「ノーラと刻の工房」が届いた。
「かがみは電波アレルギー」を読んだら無性にラジルギがやりたくなった。アブソネットをバンバン繰り出して敵を攻撃するのは相変わらず楽しい。
一休みついでに、説明書を読んでみようとパッケージを見てみると、サントラデータがダウンロードできるパスワードのついた用紙がはさまっていたので、マイルストーンのサイトにいってみました。
、、、あれ?これってまさかつぶれてる?
もしかしてもうマイルのシューティングは撃ち止めってことなのか?

明日はコクガが届くはずですが、ちょっと気分は落ち込み気味ですよ。シューティングメーカーがまた一つ無くなった、かもしれないなんて。

[2012/9/20]
世界樹4はストーリーをクリア!レベルは平均57くらい。
最後はちょっと拍子抜けするくらいでしたが、上手いところでナイトシーカーの状態異常とスナイパーの縛りが決まってくれたおかげかもしれない。もう一人のスナイパーのスコールショット(命中率難の複数回攻撃)がバッシバシ決まったことも大きかった。
、、、もしかして運が良かっただけかもしれない。

前からやりたかった「パンドラの塔」を買った。アマゾンで2700円くらい。Wiiは末期の今が買い込み時。

[2012/9/15]
ぐるっと!セイバー」(500円)
自機は戦闘機ながら画面中央下に固定された砲台みたいな扱いで、真後ろにある基地を敵から一定時間守りきるのが目的。
左右で画面がぐるぐると回って、基地と自機を中心に360度から攻めてくる敵を攻撃。敵弾が基地に当たらないよう、自機がバリアをはりつつ身を呈して攻撃を受けるのも戦略の一つとしてあり、地味ながらも短時間集中型のSTGですね。
まだまだ数ステージを遊んだだけなのでバリエーションがどんなものかわかりませんが、一味違うSTGとして世界樹の合間に遊ぶのは楽しい。

世界樹4はレベルも55くらいになり、休養を繰り返してベストなスキル構成を探って楽しんでます。
メディックがいないので回復が若干不安ではありますけど、ダンサーとフォートレスのサブとしてメディックを選択し、なんとかやりくりしてます。
でも今作はまだ全滅を5回も経験してない。これは難易度云々というよりも、プレイヤーのリアル経験値が確実に上がってるからだと思う。
今までRPGはSTGやACTと違って、プレイヤースキルがあまり関係無いジャンルだと捉えていたので、こういうふうに成果がでるとちょっと嬉しい。

[2012/9/12]
3DSのVCはまるごと保存というのができる。これは中断したところをそっくりそのままセーブできる機能で、これを使うと、ロックマン2がすっごく簡単になってしまう。
上手くいったらステージの途中でもまるごと保存して、失敗したらまたそこからリスタートすれば良い。いやこれは難易度激変ですわ。
進行データのパスワードを真剣に紙にメモッてたロックマンが、いまや好きなところで保存できて、しかもいくらでもそこからやりなおしできてしまう。
しかしロックマンという高難易度アクションの救済システムとして考えればありかもしれない。もちろんそれは使わずに頑張ってます。

というわけで、バブルマンとフラッシュマン撃破! メタルブレード万能すぎる。

ロックマン2プレイレポートなるサイトを発見。やはりメタルブレードか。

[2012/9/10]
世界樹4は遂に第4迷宮を踏破!
持ってたアイテムをほぼ使い切るという辛勝も良いとこでしたが、いよいよストーリーはクライマックスの模様をていしてきましたよ。

VCは「ぐるっと!セイバー」を新たにダウンロード。
明日明後日にでも軽いレビューを。

それとロックマン2もダウンロード。
懐かしすぎて全く覚えてない。メタルマンとウッドマンは倒せた。ステージが短めなので何度もチャレンジしてしまうのがまた楽しい。

[2012/9/5]
今回は「宇宙をかける少女 シューティング」(500円)
横STGと知って購入。アニメによる原作付きのSTGらしいのですが、正直聞いたことも見たこともなかったので原作からしてけっこうなマイナー作品なのかもしれない(失礼)。

内容としては、自機のパイロットを3人の少女から選択、ライフ制、Aボタンで前方にショット(敵からでてくるアイテムでパワーアップあり)、Bボタンでスピードが遅くなって特殊範囲攻撃、Bで敵を一掃するボム、といったオーソドックスな内容。
ライフ回復&ボムアイテムが頻繁に出るのでお手軽な印象もうけますが、特攻してくる敵を避けるのがけっこう難しい。でもダメージを受けると回復アイテムが出やすくなる仕様なので、頻繁にダメージを受けてもなんとかなる。横STGとしては先日買ったオトメディウスEよりは面白い。
そして要所ではいる敵とのやりとりがちんぷんかんぷんですね。敵なのに仲良さげっぽいのはお前らどういう関係なんだ。そこらへんの説明がすっぽり抜けてます。原作知っているのが前提なのか。
それでありながらギャラリーは充実しており、水着などのサービスショットもあり、条件をクリアしていく毎にどんどん見られるように。いろいろとキャラゲーのお約束に則った一作といった感じですね。
ゲーム内容的にはスタンダードすぎるという意味では、GBのソーラーストライカー的な扱い。

[2012/9/2]
ようやく熱さがやわらいできたのに、外に出ずに家の中でゲーム。

今日は「スペースインベーダーエクストリームZ」(500円)
SIE2のスリム版ということで、とにかく手軽にSIEが楽しめるのが良い。
難易度は3段階に分かれており、それぞれ1ステージなので全3ステージ分遊べます。スコアアタックとタイムアタックがあるので、STGとしてのボリューム的には500 円でおさまらない内容。
ゲームシステムとしては、インベーダーの基本は守りながらも、UFOを撃つと条件によりフィーバータイムとなり、敵を撃つごとに金色のアイテムがジャラジャラ落ちてきてスコアップ!それをキラキラしたビジュアルと、ノリの良いBGM、そして効果音となるショット音が合わさって脳内フィーバー状態で楽しめます。
もちろんマスコットキャラのUFO-COちゃんと専用曲のInvader Girlもエクストリーム(最高難易度)で楽しめるという良いとこ取り。
今のところ残念ながらSIE2のパッケージ版が手に入りにくい状況ですが、こちらなら手軽にプレイできるのも良いですね。

[2012/8/30]
8月も残り2日。学生さんの夏休みは9月2日まで休みかな?夏休みが2日多いとか羨ましい。
僕も今年の夏はなかなか充実したゲームライフが遅れましたよ。これも3DS LLのおかげか。
さっと出来る携帯機はやっぱ必須ですね。

で、今日から連続してDSiウェアをいくつか紹介しましょう。

まず今日は「甘口!大篭城」(200円)
こいつは評判通り面白い!ジャンルはタワーディフェンスに該当するそうです。タワーディフェンス自体に馴染みが無かったんですが、タッチパネルでポンポンと兵を配置して、その兵が攻めてきた敵兵をボンボン倒すのを見るのが楽しい。
デフォルメされた兵士も良い味でてますし、各兵(槍兵、弓兵 等)の役割がすごくわかりやすいのも良いですね。
それになにより安い、200円。ステージは4つですが、すでに1時間は遊んでますよ。
ちなみにこの大篭城、シリーズとしてDSiウェアで「中辛〜」「辛口〜」、それに「風雲!〜」というパッケージ版まであるんですよ。とりあえず次は「中辛」遊びます。

[2012/8/23]
世界樹4、すれ違い通信によるギルドカードの枚数が19にまで増えた!
しかもレベル99のギルドがいたりして、皆さん攻略が早い。まだ35ですみません。
ギルド名やメンバー名を見るのも楽しい。なにかしらで統一された名前だったり、狙ったような厨二名だったり、しゃれた名前だったり。
昔は中古でスーファミのRPGとかを買うと前プレイヤーのセーブデータが残ってて見れたりしましたけど、あんな感覚で楽しいんですよね。
またギルドカードに登録されているキャラも使えるので、助っ人感覚で使うのもまた楽しい。
我がギルドはサブクラスも使えるようになったところなので、スキル習得に頭を悩ますのが楽しくてしょうがない。1キャラ考えるだけで数10分過ぎていく、、、

世界樹2でアーテリンデを発見!爺に迷惑かけやがって、、、。
次はいよいよ竜の予感。

[12/8/13]
キュービックニンジャがアマゾンから届いた!
ジャイロセンサーを使った操作で、ギミックのあるアスレチック迷路の中をキューブ形状のニンジャを操るアクションゲーム。
コロコロカービィみたいな感じかなと想像していましたけど、奥や手前にも移動できるので、立方体の中で動かしている感じが強いですね。慣れるまでにけっこう時間がかかって、体を反らしたり捻ったりと悪戦苦闘しましたけど、それが楽しい。
ニンジャである意味が全くわかりませんでしたけど、面白可愛いからそれで良い。地味さという意味ではニンジャかもしれん。
面白さのベクトルではWiiのブームブロックスに通じるものがある。新感覚のおもちゃはやっぱり楽しい。

[2012/8/11]
ちいさいお店でオトメディウス エクセレント新品を\1380で買ってきた。
敵弾と爆発エフェクトが重なって分かり辛い、自機が大きくて画面バランス悪い、ミスった時に声上げて手前にアップしながらフェードアウトしていく意味がわからん、他にも色々やたらと不満点が目に付く。
これもネットの悪い評判を見てきたからなのか。思い込みってこわい。
もうちょいプレイしてみたら感じ方も変わってくるかも。3面のボスはグラディウスっぽくて良かった。

世界樹4はレベル20に到達。ベテランスキルも解禁されて、ようやく本番といったところ。
パーティは、ダンサー、フォートレス、ナイトシーカー、スナイパーx2という攻撃的布陣。火力と防御力はなかなか。回復がネックでアイテム頼り。
すれ違い通信でいくつかのギルドとすれ違い。数日で8つのギルドと出会えたので、プレイ人口は多いみたいですね。まぁ皆さん僕よりもレベルは遥かに高レベルでしたが、、、なんか申し訳ないですね。
今日からお盆休みなのでじっくり遊びたい。
2はアーテリンデを探しに行く。そう、やっと鍵を手に入れたのです。今まで鍵のありかをすっかり忘れていたのでやたら後回しになってしまいましたよ。マップにはメモってあったのに。
やっぱ世界樹面白い。

フォールアウト3は合わなかったのでいつかまた。

[2012/8/7]
ひとまずの区切りとして、世界樹IIのオススメ文を追加しました。
本作はRPG自分ランキングの上位にポンッ!と飛び込んできた快作でしたね。
ちなみに自分ランキング上位には、聖剣、ロマサガ、クロトノリガー、新桃、サガ2、シレン2、あたりが名を連ねていますが、その中に入る本作も、見事な古きよきRPGとも言えます。
しかしDSというハードの特性を見事に活かした仕様は、まさに現代のRPG。
IVも最高に面白いです。

[2012/8/2]
いやこれはすごいわ!
想像していたよりも断然画面が大きくて見やすい。薄いせいか、見た目ほど重さも大きさも感じない。
サラッとした手触りでべたべたすることもない。スライドパッドは軽い感じで引っかかり無くスイスイ動くし、ボタンも押しやすい間隔が開いており操作しやすい。十字キーがやや下寄りなのは持ち方によって本体が重く感じるかもしれない。HOMEボタン等は3DSに比べて圧倒的に扱いやすくなってる。
最初から登載されている機能も多様でお得感がある。本体の大きささえ気にならなければ、3DSの完全な上位互換で18900円(ACアダプタ無し)という値段もお手ごろに感じる。
ちなみにパッケージは初代DSよりコンパクトなのには驚いた。徹底的に削ぎ落とされていて無駄が無 い。

唯一気に入らなかったのは、起動が遅いところ。中断はスリープが前提なのか。GB時代から携帯ゲーム機に親しんできた僕としては辛い。DSもそうだったけどそもそも一旦HOMEにいくのが面倒くさい。あるボタンを押しっぱなしの起動ですぐにカートリッジゲームを遊べるようにしても良かったんじゃないのか。ここらへんはオールドプレイヤーの愚痴で済む話なのかもしれないけど。それかもう携帯電話よろしくずっと電源は付けっぱなしを想定しているのかも。
Wiiでもそんなこと言ってた気もするけど、僕はOFF時はコンセントさえ抜いてたりする。遊ばない時は電源を切る。子供時代から染み付いた習慣は抜けなくて困る。

また、DSのソフトを動かした場合、画面いっぱいに表示させるとややぼやけてしまい、言いすぎじゃなく、二昔前のけばいカラー印刷みたいに見えてしまう。
セレクトボタン等を押しながら起動させるとドットバイドット表示でクッキリ画面になるので、DSで遊ぶ際はドットバイドット表示が僕は良い。この場合の画面の大きさは、初代DSよりも数mm程大きくなる程度だが(DSiくらい?)、それだけでも初代しか持っていなかった僕としては嬉しい仕様。
でも当然ながらGBAスロットの関係で、初代DSは今後も現役。GBAのソフトをバックライト画面で遊んだり、振動カートリッジ対応ゲームを楽しんだりと、初代DSにはまだまだ頑張ってもらう予定。流石にバッテリーの持ちが短くなってきた気もするけど。

他には、3D画像・3D映像が撮れるのは楽しい。ちょっとテンションが上がった。ただカメラをDSiよりは良いものにしてほしかった。コストの問題か

総合的には大満足。これほどウキウキするハードはN64以来。長い付き合いになりそう。

[2012/8/1]
3DS LLはなんとすばらしいハードなんだ!かるいレビューは明日。

カルド・セプ子嬢をお持ち帰り。
パンフレットはもっとがっぽり貰ってきたかったんですが、2枚で我慢。いっぱい余ってたけど。
しかしやはり音声付でないと魅力半減か。「がっぽり」が聞きたくなる。
[2012/7/29]
積んでた「機動戦士ガンダム MS戦線0079」始めたんですけど、これ面白い。
やはりWiiとFPSは相性バツグン! 目線がモビルスーツだからレーダー類も自然だし、バッと直感的に敵に向いて撃ちまくれる。
まだ序盤も序盤なのでジム系しか使えないけど、これは先が楽しみ。

3DS LLはまだお店まで受け取りに行けていない、、、
明日にでも。

[2012/7/25]
ドラクエ10のCMが始まってますね。
遊んでみたいけど、一度はまると面倒くさいことになりそうなので手は出さないことにしております。
それよりも3DSのソフトを他になにか見繕ってLLに備えたい。

[2012/7/21]
風邪ひいた!
まぁひいたのは三日前なんですけど、なんとなく今日がピークっぽかったですね。明日になればちっとは気分良く起き上がれる気がしますよ。
それで駒関係のクエストを終わらせたのに火竜には会えず。会い方がまったくわからない。あれか、全く進まないエスバットがらみのクエストなのか?会える気がしない。

そんで、昨日に町田ソフマップで3DS LLを予約。
予約が必要なほど品薄でもなかったようでしたけど、とりあえず。貯まったポイントでACアダプタも買えば実質ただでACアダプタをゲット。早く遊びたい。

[2012/7/15]
再び雷竜をぶっ飛ばす!
なんだよ、もう一回やるのかよ。こんどはほぼ完封で、オールボンテージ様々です。
オールボンテージ->雷竜何も出来ず->アクセラx4->オールボンテージ->雷竜何もできず。
バランスブレイカーとはこのことか。でもこれが無かったら勝てる気もしないので有難く使わせて頂く。
ブシドーも引退後鍛えなおし、攻撃スキルはツバメ返しのみ、他は白刃取りとステータスに。
バードの最終決戦の軍歌でザッシュザシュと攻撃が通る。あれ?雷竜ってこんなに弱かったっけ?ってなくらい。
さぁ次は火竜だ!、、、と思いきや、ヘカトンケイルを倒しに行けとか言い出すお爺さん。
火竜はいつになったらでてくるのか。あれか、全く進まない駒関係のクエストなのか?会える気がしない。

[2012/7/4]
明日は世界樹IVが届く!28日までできないけど、サントラ聴いてごまかすしか。

IIは雷竜を突破!
今回はガンナーから転職させたバードが大活躍。
世界樹は引退と休養のシステムがあるおかげで転職とスキル取り直しの敷居が低くて楽しい。これも地味ながら世界樹をさせる良い点だと思います。
でも真ボスに勝てる気はしない。

[2012/6/30]
やっとこさ氷竜を撃破!
これでやっと宿屋の娘を助け出すことができましたよ、、、実に一ヶ月は行方不明だったことに、、、
キーはダークハンターのオールボンテージ。腕頭脚の全てを縛り、敵の技の一切を封じるというもの。いやこれ強すぎ。氷竜さんなにも出来なくなっちゃいましたよ。
ただ改めて火力の無さを痛感したので、ガンナー(Lv.73)を引退させてバードに転職させようかと。

あ、3DS LLは余裕ぶっこいてたら予約できませんでした。

[2012/6/22]
おぉっと!3DS LL発表ですか!
これで世界樹IVは3DS LLの発売までお預けですね、、、。
まぁ本体買ってなくて良かった、のかもしれない。
でもE3で発表してくれても良かったのに。

[2012/6/16]
ついに、ついに世界樹の最深最頂部へ到達し、目の前には赤く大きな重苦しい扉が現れた。
もちろん一旦街へ戻り、回復・アイテム購入・武器防具の見直し等、入念に準備を行う。といっても敵がどんなものかも知らずに対策はできないので、まずは軽く突っかかってみることにした。
さぁいよいよ最後の扉を開けて最大最強の敵と対峙する。
現れた敵は、白く、人の形があるものの、無機質な感じも受ける。ファーストコンタクトはブシドーの鎧抜け、あまりダメージを与えられない。そのほかの攻撃も同じくダメージが小さい。さすがに素直な攻撃は通りづらく硬い。
そして敵の攻撃、とりあえず壁役であるソードマンが一発で倒れる。
そのまま全体攻撃を2度受け、さっそく全滅。しかも不思議なことに受けたダメージが1000超えだったり2桁だったりよくわからない。ランダムなのだろうか。

、、、対策がさっぱりわかんねぇ。後何回全滅するのか数えてみるのも面白いかも。
あ、そういえばワニさんには13日以来全然会わない。なにがしたかったんだあいつは。

[2012/6/13]
30階を順調に進み、foeの大群も眠らせてスルーして良い気になってたら、なにあのワニさんは!
甘がみとかいう全体技で1ターンでゲームオーバー、、、どこが甘がみなんだよっ!
またレベル上げに戻らなきゃ、、、

[2012/6/9]
よっし!遂に30階へ到達した! 29階のワープトラップには、まるでだだっ広い遊園地で迷子になった子どものような不安な気分にさせられたんですけど、30階は比較的素直な作りでわかりやすい、、、と思ってたらfoeの大群が、、、
でもたぶんあと少し、のはず。すでに4を予約してしまったので、なんとしても発売までには終わらせる。

[2012/6/2]
世界樹II、29階の攻略が進まない、、、。
なにこのワープの多さ。とにかく嫌らしい罠をごっそり盛り込んでみましたってな仕様でまじ嫌らしい。どんだけMなんだよ開発者は。もうIVの発売までにIIIをプレイすることは不可能なので、IIをクリアしたらIVへ移行するつもりですよ、本体も買って。

最近、ナムコスティックの調子が悪くて上の入力が効き辛い。かといって新しいスティックを買うのもためらわれるのでなんとか直すしか。虫姫さまが面白いだけにもどかしい。

[2012/5/26]
360の虫姫さまはまじキレイ。元のゲームの解像度が荒かったせいもあってやたらキレイに見える。
これでPS2版をひっぱりださずにレコ姫の棒読みが聞けるようになって嬉しい。PS2は常時接続してなくて、遊びたい時に設置してたもんですからけっこう面倒くさかったんですよ。
今常時接続してあるのは360とWiiのみ。

[2012/5/23]
世界樹II、まだクリアできてませんが、ひとまず漫画のレビューを追加しました。
ゲームのほうはクリアした後にでも。

[2012/5/20]
28階探索中です。これでもかっていうくらい、いやらしい罠をぶっこんでますね。ワープに一方通行にダメージ床。これはマップ作りにも気合が入る。
敵もむかつく行動ばっかりしてきやがってからに、いちいち気を抜いてらんないバランスがすんげー楽しいですよ。
それにしても強い武器が高すぎやしないか、どうなのこれ。文字通り一桁違う、、、これだけお金がたりないRPGも久しぶりですよ。
フォールアウト3も放置気味だし、なんだかんだで世界樹IIと激忍SPばっかりやってるな。

[2012/5/14]
27階のゴーレムを倒し、世界樹IIはやっと26階の未開拓地へ足を踏み入れました。
新たな階層、新たな敵、新たな仕掛け、1ヶ月以上も同じところをぐるぐるしてたので、しばらくしてなかったマッピング作業がやたら楽しい。
ただゴーレム戦で露見した決定力の無さに先行き不安を感じる。一番のダメージ源であるアルケミストの核熱、それ以外のダメージ源が弱い。ブシドーからソードマンのチェイス、くらいしかない。しかも雷しかない。レンジャーも戦力にするべく攻撃力を上げてもあんまり大した効果はないしどうしたものか。ちょっとワザの構成考え直さないといけないかもしれない。

[2012/5/8]
フォールアウト3は2つ目の街、メガトンに到着。
起伏のあるややこしい街なのでいまだにどこのなにがあるか手探りですが、あらゆる場所が作りこまれているのは凄いの一言。ただキャラをどう成長させれば良いのかまったく想像ができないので、適当にポイントを割り振っているのが今後どう影響するのか。

激忍は相変わらず敗戦数が少なくならない。ただ少なくならないということは、同じだけ勝っているわけで、結果として勝率は上がっていることに。計算してみると勝率は4割8分。5割は目前ながら、戦闘回数の多さが足を引っ張る……。

世界樹IIは、あるクエストに詰まって早1ヶ月、さすがに先に進まないと本サイトの更新もままならないので悔しいながらも攻略サイトを見たところ、なんと、まだ出現していないクエストをこなさないと今のクエストは完了しないことが判明!
ちょっと待てと!そんなのわかるわけないやろが!それら同士はなんの関係も無いクエストだというのに。しかもまったくヒントなし。しかもそのクリアしないといけないクエストの完了条件もけっこう理不尽というか人に寄る条件。
バグとかならわからんでもないけど、こういった仕様は勘弁してくれ。……それじゃ、ちゃっちゃと進めますか。

[2012/5/23]
世界樹II、まだクリアできてませんが、ひとまず漫画のレビューを追加しました。
ゲームのほうはクリアした後にでも。

[2012/5/20]
28階探索中です。これでもかっていうくらい、いやらしい罠をぶっこんでますね。ワープに一方通行にダメージ床。これはマップ作りにも気合が入る。
敵もむかつく行動ばっかりしてきやがってからに、いちいち気を抜いてらんないバランスがすんげー楽しいですよ。
それにしても強い武器が高すぎやしないか、どうなのこれ。文字通り一桁違う、、、これだけお金がたりないRPGも久しぶりですよ。
フォールアウト3も放置気味だし、なんだかんだで世界樹IIと激忍SPばっかりやってるな。

[2012/5/14]
27階のゴーレムを倒し、世界樹IIはやっと26階の未開拓地へ足を踏み入れました。
新たな階層、新たな敵、新たな仕掛け、1ヶ月以上も同じところをぐるぐるしてたので、しばらくしてなかったマッピング作業がやたら楽しい。
ただゴーレム戦で露見した決定力の無さに先行き不安を感じる。一番のダメージ源であるアルケミストの核熱、それ以外のダメージ源が弱い。ブシドーからソードマンのチェイス、くらいしかない。しかも雷しかない。レンジャーも戦力にするべく攻撃力を上げてもあんまり大した効果はないしどうしたものか。ちょっとワザの構成考え直さないといけないかもしれない。

[2012/5/8]
フォールアウト3は2つ目の街、メガトンに到着。
起伏のあるややこしい街なのでいまだにどこのなにがあるか手探りですが、あらゆる場所が作りこまれているのは凄いの一言。ただキャラをどう成長させれば良いのかまったく想像ができないので、適当にポイントを割り振っているのが今後どう影響するのか。

激忍は相変わらず敗戦数が少なくならない。ただ少なくならないということは、同じだけ勝っているわけで、結果として勝率は上がっていることに。計算してみると勝率は4割8分。5割は目前ながら、戦闘回数の多さが足を引っ張る……。

世界樹IIは、あるクエストに詰まって早1ヶ月、さすがに先に進まないと本サイトの更新もままならないので悔しいながらも攻略サイトを見たところ、なんと、まだ出現していないクエストをこなさないと今のクエストは完了しないことが判明!
ちょっと待てと!そんなのわかるわけないやろが!それら同士はなんの関係も無いクエストだというのに。しかもまったくヒントなし。しかもそのクリアしないといけないクエストの完了条件もけっこう理不尽というか人に寄る条件。
バグとかならわからんでもないけど、こういった仕様は勘弁してくれ。……それじゃ、ちゃっちゃと進めますか。

[2012/4/30]
フォールアウト3のキャラクリエイトの髭の多さはなんなんだ!とりあえずソフトモヒカン&ハリウッド髭(このネーミングは実際にあるのか?)にした!
まだシェルターの中だけど、これから始まる感が強くてなかなかに中毒性が高そう。

[2012/4/28]
フォールアウト3 GOYEのプラコレを買った!
いまさらながらのフォールアウト3ですが、XBOX360を手に入れた当時からずっとやりたかったタイトル。
フリーズが多いという評判がちと心配だったのですが、これほどの大作に触らずにいるのはもったいないと思い、GOYEがプラコレされたのを期に買ってみました。
他にも洋ゲーで気になるものはいっぱいあるので、一本一本じっくりやっていきたい。

[2012/4/23]
世界樹IIと激忍SPしかしてないのであまりネタが無いです。
はやくどっちか終わらせたいです。でもコストパフォーマンスが大変宜しいのは良いことなんでしょうね。

[2012/4/13]
2009年にだされた世界樹IIのコミック、「六花の少女」が面白かった。
原作設定とオリジナルの要素を交えつつ、世界樹プレイヤーがすんなり入っていける構成になってますね。
主人公の根幹を成すストーリーが描かれているとは言え、上下で完結してしまう為にあっさり目に終わってしまうのが残念。もっとこれからのエピソードが読みたかったのと、他にも日常的な冒険も描いてほしかった。
物語の構成としては、ピンチにタイミング良く仲間が駆けつける、というのが何度も見受けられ、やや緊張感には欠けるものの気持ちの良い流れで楽しませてくれました。

これ以外にもゲーム関連の書籍として紹介したいものがあるので、後日ネコリセットあたりの隅っこに詳細を交えつつオススメ文を載せる予定です。

[2012/4/4]
もう4月か!
世界樹IIはレベル70で引退させたキャラがもうすぐレベル60程度になる。雑魚戦よりもFOEとボスを想定してスキルを取得しているためか雑魚戦が辛い、、、。
ただ、職を若干変更させたので、また違った感覚で楽しめてるのが嬉しい。プレイ時間こそわからないけどそうとうの時間を楽しませて貰っている。

プレイ時間といえば、ゲームの値段とクリアまでの時間がつりあってないように思う今日この頃。
1万円もしないのだから、10時間も楽しめたら十分な気がする。もちろんその10時間のクオリティにもよるんですけど。
だらだらと長い時間で遊ぶより、密度の高いプレイをさせてくれるのであれば、数時間でも満足度は高いと思う。今のゲームはボリュームがありすぎてプレイするのに気合と時間が必要で辛い。
むしろボリュームを半分にして2〜3割り値段を抑えてくれるとユーザーもメーカーもハッピーなんじゃないか。
さらにユーザーがそのタイトルでのプレイを望むなら、それこそDLCの出番ですよね。

[2012/3/29]
アイレムのヴァーチャルコンソール配信停止は明日!ということで、R-TYPE IIIをDL。
R-TYPEのくせに自機の攻撃力が高くてけっこう楽しい。難しいけど。

[2012/3/23]
海外ゲーム誌が選ぶ「任天堂ハード歴代タイトル」TOP100 iNSIDE

任天堂のタイトルじゃなくてあくまで任天堂ハードのタイトルにも関わらず、やはり任天堂のタイトルが多い。
Wiiのゲームが1位2位にきているのが今時ながらも、やはりスーパーマリオブラザーズは強い。リアルタイムで遊んだ世代も今はゲームから離れてる人が多いと思うのですが、おそらく僕みたいなプレイヤーは生涯スーパーマリオブラザーズをゲームの代名詞として挙げ続けるでしょうね。
他には、国内では評価がいまひとつで、さらにはグラフィック的に海外受けがよくなかったような記憶のあるゼルダ風のタクトが高順位。
サードパーティだとバイオ4がトップ、これは納得。バイオ1〜3・ベロニカがあわなかった人もバイオ4だけはやるべき。
あとは、メトロイドの順位が比較的高いのと、アクションゲームが多いのも海外らしいかも。

こういったものから興味をもって触れてみるのもありですね。僕としてはマリギャラやってみたくなった。

[2012/3/20]

あぁ、なぜか忙しい。こう忙しいとサイトの更新はともかくゲームできないのが辛い。
ゲームは自分にとってストレス解消と共に心安らぐ一時を与えてくれる心の清涼剤。仕事合間のタバコ休憩や、仕事の帰りの一杯と同じようなものなのですよ。タバコ吸わないしお酒も飲めないけど、たぶんそんな感じだと思う。
そこにちょっとセクシーさがあれば効果倍増ってわけで、お姉チャンバラZは一ヶ月遅れで「彩&咲」をダウンロード。
このシリーズはZから始めた僕としてはこの二人には思い入れが無いので、やっぱりカグラとサアヤのほうが良く見える。というか彩に関してはカグラのコンパチキャラっぽくて(もちろん順番的にカグラがコンパチキャラなのですが)、正直必要性を感じない。武器も似てるし。
その点、咲とサアヤは双方妹キャラではあるものの、控えめのサアヤと生意気な咲というふうに分けられてるので完全に別物として楽しめますね。とはいえサアヤ派の僕としては彩は生意気オデコでしかない、といった感じ。
DLCにあまり良い印象はないですけど、プレイ期間の延長に繋がるのはメリットだと思う。

[2012/3/11]
数日前にやっと世界樹IIをクリアした!
アイテム全部吐き出して、最後はHPもSPも尽きる寸前のボッロボロというラスボス戦にふさわしい激闘を制したわけなんですが、もうちょっとだけ続くんじゃよ、というわけで、まだまだ終わりませんね。昨今のRPGよろしく、世界樹IIにもラスボスより強い敵がいるわけで。
でまぁ、ものの見事にやられてきましたよ。それこそあしらわれたという表現がぴったり。強すぎでしょあのドラゴンたち。どうしたものか。

[2012/3/1]
早くも三月、でも寒い。
お姉チャンバラZはストーリーをクリア。難易度はミディアム。
正直、購入の動機は下心でした。しかし、美女が多勢なゾンビを倒すというシンプルな内容ながらも、コンボ、必殺技(ヴァンプスキル)、キャラ&武器チェンジ、ちょっとした成長要素(体力、ヴァンプスキル)等のお約束はおさえられており、そこに丁寧なモデリングとモーション、セクシー&ヴァイオレンスなビジュアルを盛り込むことで満足感の高いゲームに仕上がってますね。
アクションゲームとしてはやや大雑把な部分もありますけど、僕としては大満足且つお勧めしたいバカゲーの一本です。
今後に期待するとしたら、攻撃されたときの怯み改善(敵の攻撃から抜け出せずにはめ殺される)、ステージや敵のバリエーションを増加(特にステージは仕掛けや起伏がほしい)、そしてDLCの値下げ、ですね。
DLCするな、とは言いませんけど、DLCの無い時代ならクリア特典としてありそうなものばかりですし。
ただ、開発費向上&本数売れないこのご時世、DLCでもしないとマイナーゲームは儲からない、というのは本作を購入する大抵のユーザーがわかってるわけではありますが、値段が少々お高いと言わざるをえません。
さて、少々苦言を連ねましたが、ストーリーの全チャプターを評価Cランク以上のクリアで解禁される「プロフィール」モードがたまらんね。
これはプレイヤーキャラと敵キャラをじっくりたっぷりねっとり鑑賞できるモードなのです。ゲーム中の全アクションを様々な角度から鑑賞することができ、もちろんコスチュームも自由に設定可能。
例えば、カグラを普通に歩かせて後方若干下からをアップで見ると、ムニムニとした健康的ながらも色気のあるお尻の躍動をエンドレスで堪能できるっていう代物なんですよ! お約束のパンツ丸見えになるアクションとか、敵にやられてよろけるアクションなんかを延々と強要させたりなんかりしちゃったりね! いやもうほんありがとうございます!
制作側のこういう細かい気配りがあればこそ、DLCも「まぁ買っても良いか」となるわけですね。逆に言えば、DLCを買わせる為に作られた罠とも、、、まぁどっちでも良いよね!

それにしてゲームキャラのお色気っていうのを意識しだしたのはいつでしたっけ、、、やっぱりチュンリーのスピニングバードキックあたりでしょうか。技中にポーズかけるのは誰もが通る道。
3Dではドリキャスのソウルキャリバーあたりが最初かな。それ以前のポリゴンキャラはカックカクでしたからね。あのパンツの色が変わる裏技は神仕様だったなと今でも関心させられます。

今後はアイテムゲットと実績解除を目標に、ミッションモードを順にクリアしていく感じでまだまだ楽しませてもらいます。


[2012/2/25]
「アンダーディフィードHD」が届いた!
ドリキャスで遊んでいたとはいえ、久しぶりの縦シューのリリースにテンションはおのずと上がる。よし!さっそくプレイだ!
、、、HDになったものの、ドリキャスではVGAで遊んでいたので、あまり綺麗になった恩恵は感じませんね。
ニューオーダーと題された新モードは、16:9に対応したゲームモードなんですが、窮屈で無理やり感がただよってます。この画面比率なら、ゼロガンナー2のシステムにでもしないときついものがありますね。むしろゼロガン2を360でやりたい。
他にドリキャスからの追加要素はBGMのアレンジくらい?これでは少々、いやけっこうな割高感を感じますね。
他のHDリメイクは値段を抑えていたのですが、やはり2Dシューティングはニッチなジャンルゆえに仕方ない部分があるのかもしれません。
でもやっぱ面白い。サントラもなかなか聞き応えありです。

お姉チャンバラZは引き続きプレイ中。ストーリーは一通りクリアしたので、スコアアタックだ!
本作はアーケードライクな遊び方ができて楽しい。1日1ステージ、気合を入れてプレイ、みたいな。

世界樹IIはラスボスに何度か跳ね返されたので、クエストをこなしつつ装備を整える日々。

[2012/2/17]
任天堂のパンフレットは露骨にキレイどころを持ってくるな、、、もちろんもっとやってほしいですよ!
でもこうやって寝転びながらゲームボーイで遊んでたの思い出しました。もちろんゲームボーイにはバックライトなんてものはなかったので、画面に明かりをあてるのに苦労して腕が疲れるんですよね。
それで枕元にデスクスタンドライトを持ってきて強引に明るくしたりね。そうそう、ライトボーイなんてものも買ってもらって、大はしゃぎで遊んでましたよ。明るくなるうえにでっかくなるとか、夢が詰まりまくったナイスアイテムでしたよあれは。
ちなみに今は機会があればゲームボーイアドバンスのバックライト版が欲しかったりするんですよ。フロントライトよりも画面が白くならないけど、残像が少しある、との噂。でも初代ゲームボーイで遊んでいた僕らには少々の残像は問題ナッシング!やっぱ携帯機はロマン!

[2012/2/9]
お姉チャンバラZがぼちぼち面白くなってきた!
今までは連打ばっかりでいろいろ用意されているシステムを無視ってきてしまってましたが、ここ数日は違いますよ!ヴァンプスキルという体力を削る必殺技を敵にぶっ放し、ヴァンプスキルで減った体力を回収した後は、華麗な回転切りでゾンビどもを地べたに這わせ、おもむろにドスンと踏みつけて力任せにとどめをさす、気持ち良い!。
3日前までは、ヴァンプスキルでしか倒せない敵を刀で延々と攻撃しても倒せなくててっきり「バグとかクソゲーかよ」と思ってた自分が恥ずかしいですね。
でも説明書はちゃんと読んだほうが良いですよほんと。システムを理解するとゲームがとたんに面白くなりましたもんね。
そういえば柴田亜美氏はドキバグで「説明書は困ったときに読めば良い」とおっしゃってましたが、「説明書は攻略本じゃねーんだよ!」と突っ込まれてたのが未だに印象深いです。
とは言え、説明書読まない派はけっこういるんじゃないでしょうか。最近のゲームはチュートリアルがしっかりしてるのも多いですし。まぁ説明書が厚くて面倒くさいというのが本音。

そしてバレンタインデーには「彩&咲」が使用できるDLCが!儲けますね。

世界樹IIは24階を攻略中。
ラスボスの気配を感じつつ、まだ続く世界樹を上っております。でももうちょっと。

[2012/2/5]
ぬあぁぁあぁ〜、ショートボブとまいにゅ〜カグラ買ってしまった!
でもやっぱボブは良いよね!自分のサアヤはボブ固定。
それにしてもこのゲームは攻撃するのは楽しいけど攻撃されると楽しくない。一度攻撃をくらうと無敵時間が無いか短いかで怯んだらそこに攻撃を重ねられてしまってハメられてしまう。
例えばカプコンやセガのアクションゲームはここらへんがしっかり作ってある故に攻略を考えるのが楽しいのだけど、お姉チャンバラはなにも考えずにジャンプヒット&アウェイ戦法が安定すぎて、攻略を考えるのが面倒くさい。
でもなぜか遊んでて楽しいからこれはこれで良いのかも。

[2012/2/2]
ぬあぁぁ〜、DLC買ってしまった〜、、、orz
サアヤのセーラー服、買わないやついんの?って感じなんですけど、やっぱ320MPは高いよ、、、でも、後悔はなく、むしろ満足感のあるこの気持ちは自分ながらどうしようもないゲーマーライフを進んでそうでどうしたものか。
あぁ、ショートボブも欲しい。

世界樹IIは23階にきた!
でもちょこっと無理ゲーっぽい。クエストこなして修行し直しだわこれ。

[2012/1/28]
世界樹IIは第五層にきた!
なんだかんだでボスに悩まされ続けて数日使っちゃうのが進行が遅い原因っぽい。
でも終盤の様子も醸し出されてきましてね、勢いよく行っちゃいたところですよ。

お姉チャンバラはやっと立ち回りの楽しさがわかってきた。
巷ではきわどい水着バグで盛り上がってますけど、もちろん僕も試しましたとも!
でもなんかサーヤには似合わないよな。やっぱりカグラだからこその衣装って感じがしますよね。と言いつつ定期的にやるけどな!

[2012/1/21]
お姉チャンバラ面白いな!こういったワラワラでてくる敵をなぎ倒す系の3Dアクションはレギンレイヴを遊んだくらいであんまり買わないんですけど、気軽でブッシャブシャとゴリゴリ進めてなかなかに気持ち良い。
そしてもちろんセクシー&バイオレンス!動くたびに胸揺れにパンチラで恥じらいゼロにダイナミックなアクションを見せてくれますね! ただそれ以上に気に入ったのがキャラの顔。上手く言えませんけど、デッドオアアライブよりも若干リアル系でくどくないギリギリの濃ゆさを持ちつつ、キリッとした表情が凛々しくも可愛い。
武器を最初から2種類切り替えられるのが地味に良い。1つの武器で延々というのも速攻飽きますし、さらに2キャラいつでも切り替えられるという瞬間的なボリュームがあるのも良い。
ガンガン楽しめそうだ!

[2012/1/18]
世界樹IIはついに第4層へ突入!
第3層のボスを運にまかせに突破し、案外弱い第4層の雑魚を蹴散らし、好い気になってるとこにfoeでゲームオーバー、、、これが世界樹クオリティか。

明日はお姉チャンバラZが届く、久々の360新作予約買いなんでかなり期待。

[2012/1/15]
そういえば、昨年末、ついに360のHDD 250GBをゲットしたんですよ!
もたもたしているうちに生産中止となり、新品の入手は絶望的になってしまったので、しかたなく新品価格で中古良品を購入。
それにしてもこれ、こんだけ容量あると体験版ダウンロードし放題ですね!体験版といえどけっこう遊べるゲームが多くてついつい体験版探しで時間が過ぎる。
とりあえず格ゲーは一通りダウンロード、他にも目ぼしいものを片っ端から入れていく。そして一番おいしかったのが、ライデンファイターズエイジスの体験版。一面遊べるだけなのですが、これだけでもかなり満足度が高い。一面遊べればスコアアタックもできますし、一面番長気分にもなれる。
そろそろ新型機の噂が聞こえてきそうですけど、我が家の360はここから本番!

[2012/1/9]
新年あけましておめでとうございます、と言うにはちょっと遅いですが、今年最初の更新なので真面目にいきましょう。
昨年は内外ともに本当に大変な年でした。今年は平穏な年となるよう初詣にて参拝してきましたよ。ちなみに一昨年から行っている横浜の伊勢山皇大神宮では行事時、多くの巫女さんを揃えてくるのでかなり気に入っております。

近くの方は是非。さて今年の抱負、毎年のことですが、まずは「ゲームを楽しむ」。やはりゲームを楽しんでこその本サイトですからね。もう一つは、「今年発売のゲームを意識的に遊ぶ」こと。去年12月30日の個人的ゲームランキングのエントリー内容を見てもわかる通り、2011年発売のゲームが少ない、、、やっぱり最新ゲームには触れていきたいですからね。
とりあえず現在予約しているのは「お姉チャンバラ」「アンデフHD」のみ、ですが、アンデフは新作というわけでもないので、もっと色々がっついていきたいですね今年は。

さて今年は、WiiUがいつ発売されるのか、360の後継機は発表されるのか、3DSとVITAは共存していけるのか、課金が始まるFF14はどうなってしまうのか、色々注目したいことがたくさんあります。それでは今年も宜しくお願い申し上げます。

inserted by FC2 system